社会や理科などの暗記のコツ

社会や理科などの暗記のコツ

社会や理科などの「暗記物」は量が増えてくるとなかなか覚えられないですね。
今回は暗記のコツについて2つほど提案してみたいと思います。
意識してやってみて下さい。

まず、繰り返すことです。
同じところを何度も何度も、何度も何度も日にちをかけて、
読んだり書いたりしてみて下さい。
努力して覚えようとしなくても、自然に覚えられることが多いですよ。

テレビのコマーシャルなど何度も見聞きしている間に覚えてしまうことが
よくありますね。あれと同じです。

またこの方法は、体系立てて覚えることが出来るというメリットもあります。
歴史などは特に、時代の流れをつかんだ質のよい記憶が出来ます。

もう一つは、「意味を理解する」ということです。
意味が分からないことはなかなか覚えられません。
無理やり丸暗記しても、実際には使い物にならないと言われています。

意味や理由をしっかり調べて、「なるほど。」という腹に落とした理解がとても大切です。
理解できたことは記憶に定着しやすいようです。

一夜漬けの丸暗記は2,3日するとどんどん忘れていきます。
定期テストなどには使えますが、
総合的な理解力が問われる 「受験」 には効果が薄いようです。

受験はやはり、「日々の積み重ね」 ですね。

思うように成績が上がらないなら、参考にして必ず志望校に合格しましょう。
信ずるものは必ずや救われる。


■■■ おススメ書籍 ■■■

13歳からの勉強ノート


この本は、能動的に勉強するためのコツを、たくさんの
イラスト入りで解説したものです。
「嫌だなぁ」と感じるような「受動的な勉強法」をやめて、
「能動的な勉強法」のポイントをお教えします。



著者:小野田 博一

yokohama.gif